この国を、その先へ。動けば変わる 立憲民主党 参議院議員 高木 まり

NEWS

2022年11月01日プレス立憲民主 11月1日号を発行しました。

2022年07月10日投開票の参議院議員選挙・埼玉選挙区において当選しました。ご声援、まことにありがとうございました。

2022年04月10日県政レポート春号を発行しました。

プレス立憲民主埼玉県版

活動報告

プレス立憲民主 埼玉県版

議会での発言

  • ※近日、掲載予定

参議院インターネット審議中継でも、発言の様子を動画でご覧になれます。

※検索ボックスに「高木真理」と入力し[検索]ボタンをクリックすると、高木まりが発言した会議の一覧が表示されます。

プロフィール

1967年(昭和42年)8月12日生まれ。しし座・AB型。父の転勤により、小学校まで栃木県(日光市・小山市)で過ごし、中学(現さいたま市立常盤中学校卒業)よりさいたま市に暮らす。 夫、高校生の長女、中学生の双子の長男・次男の5人家族。趣味は、マンションのミニ庭でのガーデニングと、忙しくてほとんどできなくなっている裁縫。

基本政策

基本政策

1 支え合いの社会への転換で、暮らしに安心を

  • 介護、医療、保育、放課後児童クラブ、障害福祉サービスなどのベーシックサービスの質・量の充実
  • 従事する職員の待遇改善も
  • 誰もが必要に応じて育児休業や介護休業が取得でき、長時間労働が規制されるワークライフバランスの実現
  • 「住まい」を支える公的家賃補助制度の創設

2 未来を創る「人」に「技術」に集中投資を

  • 教育分野への投資の大幅拡大 小中学校の給食費無償化から大学生への給付型奨学金の大幅拡充まで
  • 子どもを産んでみたいと思える環境の整備
  • 脱炭素社会に向けた自然エネルギーや省エネ技術への投資拡大
  • 次代を担う技術を創造する企業・研究機関。大学等をしっかり支援
  • 中小企業の生産性向上に向けた取組みの支援

3 地域発のアイデイアで現場に合った政策が生かせる政治に

  • 地方自治体の政策自由度を高める財源配分の変更
  • 地域の二一ズに基づく新たな取り組みの足かせになる国の規制の緩和
  • 埼玉県の医師不足、看護師不足、病床不足の解消

4 一人一人の個性が輝く、公平公正な社会に

  • ジェンダー平等 男女間賃金格差是正、LGBT差別解消、選択的夫婦別姓の実現
  • 障害があつても、その人が望む暮らしができる社会に
  • 不平等が顕在化しない災害対策の点検

5 金融は、財政は、改革は

  • 常態化している異次元緩和といった金融政策や財政出動に依存しない経済の構築
  • DXを進め、常に費用対効果を念頭に置き、事業の検証サイクルの実施

実績

想い

市議、県議を経験して19年。

その間に、3人の子どもを産み育てながら、色々なことを考えました。
未来を担う子どもたちに、希望を持てる国を手渡せているだろうか。
一生懸命働けば、普通に暮らしていけると信じられる国になっているだろうか。
温暖化で自然災害も激甚化しているけれど、地球の未来は守れているだろうか。

今、必要なのは、お互い様に支え合う安心社会への転換。

そして、未来世代に向けて、「人」に「技術」に集中投資。
今までのやり方に縛られず、未来に向かって大胆に進んでいく。

この国を、その先へ。動けば変わる。

サポーター募集

高木まりはみなさまの応援に支えられています。応援、よろしくお願いします!

サポーター募集
toTOP